« 黄色い宇宙の種 | トップページ | 散歩で出逢った季節の色 »

美しい暦のことば

<惑星の月の10日>

KIN105 赤い磁気の蛇 ( 目的 ひとつにする 引き付ける 、生命力 生き残らせる 本能 )

昨日の明け方までの雨で、桜の花のじゅうたんがすっかり大地を彩っていました。

P1000276_2 美しい日本の四季の自然の変化は、やはり「立春」「清明」「穀雨」な ど二十四節気七十二候の美しい日本のことぱで現す方が、何だかしっくりなじむような気がします。

この時期のふったりやんだりする雨は「春時雨」、花が早く咲くようにと促す雨は「催花雨」、また生きとし生けるものに清明を与えるということで「万物生」ともいうそうです。

日本のことばって何て美しいのでしょう。

ここ数日のお天気で少し気持ちが沈みがちだったけど、この天気が植物を育む憩いの雨なら、きっと私達を育んでくれる静かな雨でもあるのですね。

そんな春の雨の色々な呼び方を始め、日本独特の四季の変化をことばで現した「自然暦」、二十四節気 七十二候を記したステキな本を見つけました。

今日のような曇り空の一日は、静かにこんな本と共にゆったり過ごしたい気分です。 

美しい暦のことば Book 美しい暦のことば

著者:山下 景子
販売元:インデックス・コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

PS.下記に入る宣伝は自動的に入ってくるものので、“messege of marmaria”からリンクしている内容ではありません。

|

« 黄色い宇宙の種 | トップページ | 散歩で出逢った季節の色 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい暦のことば:

« 黄色い宇宙の種 | トップページ | 散歩で出逢った季節の色 »