« 英国旅行 Vol.8 | トップページ | 再開します♪ »

英国旅行 Vol.9

日記の続きを書き始めるまでに、随分時間を要してしまいました。
今思うとそれ位私にとって、ロンドンの3日間はエネルギーを消耗していたかもしれません。
あまりにも時差があって申し訳ありませんが、良かったら読んで下さいね♪

デヴ・オーラでの幸せな日程を終え次のグラストンベリーツアーの集合までの3日間、友人とロンドンで過ごす事にしました。
出発の7/29の早朝、ヴィッキーのガーデンに散歩した後、マヤのコースだけで帰国するメンバーを見送り、今度は電車でロンドンに向う参加者の皆さんと私達が見送られます。
車に乗り込み見送られながらだんだんデヴ・オーラから離れると、不意に涙が出そうになってしまいました。
何だか不思議~と思っていたのですが、帰ってからホロスコープで調べたらちょうどデヴ・オーラのある場所は私にとって魂の故郷のような場所だという事が解って何だか納得です。「また来るね~♪」と心の中で手を振り大好きなデヴ・オーラを後にしました。
デヴ・オーラの最寄の駅までしばしのドライブです。
P1020422 風景は聖地から少しずつ変化していきます。
デブオーラから一番近いその駅に着くと、次の電車は何故か運転中止の表示。
日本ではありえないって感じだけど、それでこそヨーロッパなのかな~(笑)
慌てる様子もなく、皆カフェで思い思いの時間を過ごしていました。
P1020425待っている間は、ホームでコースで一緒だった詩人のパラドックスさんのパフォーマンス☆
周囲で電車を待っている乗客の皆さんもも思わず拍手!
1本運休になって混みあっている車内、通路に荷物を積んでいろんな国の方達とワイワイ言いながら旅するのも楽しい経験でした♪
ペイントアディディブを紹介してくれたジャガーダ先生は、皆のスーツケースを次々と電車の通路に運び上げユーモア一杯に楽しませ気遣ってくれ、他の海外のティーチャーの方々もコースからプライベートなリラックスした表情に変わっていました。
P1020427キングスランサム駅でのお別れは何だか淋しかったな☆
駅からパディントンのホテルまでスーツケースも重いしタクシーを奮発!と思ったら、列は大渋滞。渋々、地下鉄に向うと今度は一番近い地下鉄が走ってな~い!だっ、たからタクシー乗り場にあんな人がいたんですね~~。なら並んでいれば良かったよ~と、猛暑の中地下の通路を20キロ近くあるスーツケースで右往左往した後だけにガックリ~。
何故こんなに歩かされたのか…帰国してから、自分なりには謎が解けました。

パディントンはとても可愛い町でしたが、何しろ地下鉄から上がるのにエレベーターはないし(ここでは親切なお兄さんが、荷物を運ぶのを手伝ってくれました)、着いたホテルも何故か地下の部屋で…細長い急な階段!
このホテルも本当にきつかった~~。
この旅行での私の教訓は、必ず事前のエレベーターチェックと地下のお部屋があるかをチェックをする事☆
旅の荷物の多い私にとっては、必須です。
そして地下のお部屋は本当に空気がこもって抜けにくいし、本当にここでエアーコンディショナーをどれ程使ったか解りません。

部屋にはいられないので、即ランチに外出しました。
P1020430_1P1020431ホテルを出るとすぐにバス案内のお兄さんが紹介してくれた、移民系のお店に入りました。
はっきり何料理かは解りませんが、ここでのランチはヘルシーで美味しかったな☆

ランチの後は時間があったので、パディントンの街を見ながらハイドパークまで散歩しました。
P1020433 P1020443P1020453_1  P1020456 P1020459                                       本当に広い公園で、何にもしないでのんびり。
友人のチョコレートをおねだりしたリスは、あっという間に木に登っていきました。

夕食はフィッシュ&チップスを初めて食べました~♪
特にどうという事はなかったけれど、一緒に食べたシーザーサラダは美味しかったな(^^)

明日はストーンヘンジツアーだし、早めに休むはずでしたが…その後部屋で色々あって本当に大変でした~~。
外は深夜まで本当にうるさくてねむれないし、やっと寝たと思ったら凄い怖い夢も見ちゃうし…。
ロンドンは昼と夜でその顔が変わるというか…光と闇のパラドックスが本当に強い街だと実感させらた感じです。

楽園にいるようだったデヴ・オーラ♪
とても同じ一日の間に起きた事とは思えない位。
この時点でデヴ・オーラへのホームシックになっていた私です。

|

« 英国旅行 Vol.8 | トップページ | 再開します♪ »

オーラ・ソーマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国旅行 Vol.9:

« 英国旅行 Vol.8 | トップページ | 再開します♪ »