ブレス・オブ・ラブ

自分を観ようよ♫

「自分のこと観ようよ♡」

あるがままの真実のハートの声は、愛のメッセージとして全体に目覚めの状態をもたらす機会になりました♪

新しい愛への始まりは21。

「今ここをあるがまま受容する」

自分自身への愛があってこそ、ユニバースへと愛が広がるのですね♡





愛と感謝を込めて〜By Marmaria

| | コメント (0) | トラックバック (0)

統合のメッセージ♪

お誘い頂いたコミュで、素敵なメッセージに出会いました
“マグダラのマリア”からのメッセージを翻訳したものだそうです。

ここ最近周囲の(特に年配世代の女性達)の身近な男性に対する認識や積年の思いを聞きながら、ホ・オポノポノする毎日が続いていました。
ヒューレン先生がおっしゃっている「女性達の怒りを解放する必要性」を感じていたところにやってきたシンクロするメッセージ

何かを否定することは、自分の一部を否定すること。
フェミニンな男性エネルギーの質を、外に求めるのではなく自分の内側に育てること。
ジャッジや正当化の中に愛を見出すことは出来ません。

メッセージの中には、そんな言葉の数々が溢れています

長いので一部略させて頂いたことと、若干読みやすくさせて頂いた部分がありますが、内容は翻訳文をそのまま転載しています。
良かったらお読みになってみて下さいね


Channeled by Jennifer Howell (May 2009)


こんにちは、姉妹たちよ…そして兄弟たちよ…。
今日は惑星上で顕現されつつある女神のエネルギーについて少しお話しましょう。
少しばかり混乱があるようですから。

私達女性の対である男性を支配あるいは無力化するために、女性達がこの新しく顕現した女神のエネルギーを誤って用い語っているのを見てきました。
「今に男性達も誰の世話になっているかわかることでしょう。」そんな
呟きを私は耳にしてきました。
例え言葉が口にされなかったとしても、考え自体が振動を持つ為、それは全体に影響を及ぼすことになります。

女神のエネルギーは、男性エネルギーのバランスを取る為に、この時に出現しようとしています。
それは、男性や男性エネルギーを否定したりコントロールする為ではありません。
女神のエネルギーの出現は、男性エネルギーが作り出してきた進化における大きな飛躍として…ものごとすべてのその完全性において…起きるだけのことです。

<中 略>


あなた方は自己を完成するのに、自分自身の外側に誰も必要としません。
あなたこそ、あなたがこれまでに必要としたすべてなのです。
どれだけ儀式を・セレモニーを・瞑想を・祈りをしようとも、それがあなたを満たすわけでもありません。
自分自身の内側と深く向き合い、自分自身を許し、自分自身の良いところ・悪いところ・弱いところ・強いところ・光の部分・闇の部分・神聖な部分・悪の部分~つまり自分の全部分に対して憐れみを示す時…その時にだけ、あなた方は平和を見出すのです。

そしてその平和とは、世界の平和ではなく、神の平和です。
その後にあなた方は、ジャッジすることなく神自身の愛として自分を愛することを許す~自分のハートの中にあるツインフレームと結びつくのです。

繰り返し申し上げましょう。
あなたを完成することができるものなど、あなたの外側にはありません。
あなたの外側にあるツインフレームなどありません。
イエスと私は単にツインフレームを象徴するだけです。
私達は共に生きていますが、互いへの依存から自由になった~2人の独立した・別個の存在です。
私達今この時、互いに最も緊密に共鳴しあうけれども
互いが互いに共鳴しあう相手ということから自由になっています。

あなた方は競い合うように誰かと共鳴することなどできません。
“エネルギーのゲーム”には勝者も敗者もありません。
イエスは世界にキリスト意識をもたらしました。
そして今、キリスト意識にバランスをもたらすために単に女神のエネルギーがもたらされているだけです。
これこそ、“再臨”としてしられていることです。

こうしたエネルギーの到来・アンカリングは、他の重要な出来事を展開させもします。
そのいくつかは人類から良いものとして…その他は悪いものとしてジャッジされることでしょう。
けれども、そうした出来事は、女神のエネルギーを輝かせて定着させる為に、その役割を意識した上で起きることだと申し上げたいのです。
こうした出来事は良いも悪いもなく、ただ起きるのだと…。

イエスの死の間際、十字架にはりつけられていた時、それは彼の地球での役割の期間での
最後のレッスンだと私に言いました。
彼は言いました。「彼らを許しなさい。自分達がしていることを彼らは解らないのだから」…と。
これは、憐れみにおける最終的なモデルでした。
私が泣き叫んだ瞬間、私はイエスへの涙と同じだけの涙を兵士達の為に流しました。
彼らには“私たち皆にある、皆のつながり”の理解がありませんでした。
自分の為に自分にするように、男性に対してもする…これが大切です。
私達はそれぞれが互いを映しあう鏡だからです。

では、私のポイント~今、女神のエネルギーが男性エネルギーと並び立つ為のポイントをご紹介しましょう。
それは、彼ら(男性性)を倒したり、身の程を思い知らせようとしたり、人間のいう正義のためにパワーを使わないこと…です。
イエスは正義・義務・責任をもたらしました。
それは愛する能力に伴うものです。
これら新しいエネルギーは、慈悲・感謝・憐れみ・理解・協力・平和をもたらします。
しかしこれら新しいエネルギーは、あなた方を結び付けに来たもの(男性性と女性性)に背を向けている者には、もたらされません。

ハッキリとさせておきましょう。
私の言う憐れみとは、誰かにドラマ・ストーリーを与えることではありません。
そのようなことは、彼らの内側にある神性を彼らに示す助けにはなりません。
では、誰かの神性をその人に示すよう、どのように誰かを気の毒に思うことができるのでしょう?
そのようなことなど不可能です。
憐れみとは、彼らがそうであるように自分もまた鏡であることを理解することです。
そうすることが、人生・人生での役割に対して誤解してきたことを自分に許すからです。
それは他者を許すことでもあります。
けれども彼らから権限を奪うことではありません。

女神のエネルギーをもたらすにプロセスにおいて、私達は女性だけではなく人類すべてをエンパワーさせています。
私達は誰か・何か~自分の外側にあるものに頼ることなしに自分の神性にしっかりと立っていられるよう、男性・女性・子供達すべてをエンパワーしています。
私達がしていることは、他の誰かを失脚させることで、その人を改善させようとしたり、
自分とその人を隔てることではないのです。
私達は、それぞれが互いの中にある天の歌声~その素晴らしさを互いに知るよう、人間の健全性・責任を高めようとしているのです。

男性と並び立つ女神は、完璧な調和を例証します。

それは完璧な共鳴を例証します。女神は決して競いません。
ただ互いを称賛するだけです。
実際、男性エネルギーは女性エネルギーの復帰を祝っています。
男性エネルギーは女性エネルギーに脅かされるのではありません。
本来常にそうあるべき姿~そのユニオンを祝うことができるよう、男性・女性~両エネルギーはバランスを迎えようとしています。

天の祝福を…。
マグダラのマリヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の橋渡し

<スペクトルの月の18日>
KIN141 赤いスペクトルの竜(解放 溶かす 解き放つ、誕生 育む 存在)

仕事が一段落してホッとして外を見たら、晴れているみたい!

P1010070_2 早速近所の私のお気に入りの橋の上で、綿毛になったタンポポ達や青空の写真を撮っていました。何ともいえない平和な時間と、時空を越えている時の空気のゆらぎを楽しんでいたら、頭上から何やらエネルギーを感じます。

P1010088_1P1010095_1P1010076_1P1010080_1真上を見上げると、風に流れる雲達の中でずっと動かず見守ってくれている よなうな不思議な雲がありました。周りは曇っているのに、頭上だけポッカリ晴れ上がり、飛行機の白い機体が行き交うのがはっきりと見えます。 そのくらい透明感のあるブルーの空でした。

P1010112ずっと動かないその雲が、メッセージをくれているように感じ心の中で問いかけると、一匹のトラ猫が何処からともなく現れました。 素早く私の横をすり抜け、橋を渡り柵の向こうから呼びかけてくるので、思わず「トラ!?」と問いかけるとその度に鳴き返してきます。

P1000294瞬間天使になったトラが、次元を超えて会いに来てくれたように感じました。  そうか~♪あの雲は大天使アズラエルかもしれない。
大天使アズラエルは、次元の橋渡しをしてくれます。
トラが光に移行する時アズラエルのボトルの色がキラキラと輝きました。きっとこれがトラのオーラの色なんだな~と思っていたので、105番大天使アズラエルのボトルが出た時は本当に嬉しかった。
今トラの写真の前には、アズラエルのボトルが飾ってあります。

橋を渡って会いに来てくれたメッセンジャーのトラ猫ちゃんは、私がそのことに気づいた瞬間、また目にも留まらぬスピードで橋を駆け抜け戻っていきました。

ここ最近、特にコースを終わってからずっとトラの存在を感じていて、家の中でも呼びかけてしまうほどでした。
時空を越えたような不思議な時と感覚に、しばし放心状態…。  こんなことってあるんですね。
トラが会いに来てくれいたのか、はたまた私が会いに行ったのか…橋は天と地を結ぶゲートみたい♪

P1000967_1P1010069先週この橋にコンクリートの隙間からイエローとグリーンの色鮮やかなタ ンポポが沢山花を咲かせてました。今そのタンポポは綿毛となって風に乗り、また来年あらゆる場所で沢山の花を咲かせることでしょう。

私達が個を越え、恐れを越えて小さなエゴを手放して、自分らしさという花を咲かせそして解き放った時に、ハートのゲートが開きこの綿毛のように沢山の次の花が咲くのを未来に見ることが出来るのですね。 そして自分自身という花もより大きくなっていく…。

先日までのレベル2コースのテーマは、オリーブでした。
そして前回のコース同様、オリーブの説明の時は自分でも驚くほど思わず熱を帯びてしまいました。
地球も私達もハートに向うオリーブの途上にいると言われます。
自分らしさを輝かせ、全体の調和の為に心を開き分ち合うことを、地球も全ての存在も待っているのだと思います。
オリーブの体験は知識を越えたハートに向う途上にやってきます。
それを、今日の体験で再度実感する事が出来ました。
そして、今日の青空のようなこの透明なペールブルーの平和の光が、道を歩く私達を守護し心を満たしていくでしょう。

今使っている101番のギフトです。 橋はゲートの象徴でした☆
楽園はどこかにあるのではなく、今此処にハートの内側にある。
そのことに気づいた時に、目の前の小さなことにもっと丁寧に優しく向き合えるような気がします。
一人一人がそんな風に生きられたら…、どんなにステキでしょう。
まずは自分の心が平和であるように…。
自分のハートのガーデナーになりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)